主婦はお金が借りにくいのか

カードローンでお金を借りるとき、もっとも借りやすいといわれているのは公務員です。公務員は安定している職業だからです。公務員の次にカードローンでお金を借りやすいと言われているのが、サラリーマンです。
そして中には、お金を借りにくいといわれている人たちもいます。主婦もそのひとつといえるのではないでしょうか。主婦業を職業というのかどうかについては議論もあることですが、ここでは職業とすることとしましょう。
主婦の中でも、憧れの専業主婦になれるのはごくわずかです。生活のため、だんなさんとともに働く共働きの家庭が多いのが、最近の特徴といえます。
こういった共働きの場合、主婦といえど主婦業以外の収入はあるわけで、そこは仕事をしている人間として平等に見てほしいところですが、なかなかそうも行きません。主婦はやはり、カードローンを利用しにくい実態があるのです。

共働きは限度額が2つある

しかし、共働きの主婦はカードローンで悪い思いばかりしているわけではありません。実は、結構有利なメリットもあるのです。それが、限度額に関してです。
限度額というのは、カードローンを借りることが出来る最高金額のことですが、その金額はその人の収入に応じて決められることが多いものです。
特に総量規制というルールの対象である消費者金融のカードローンの場合には、年収の3分の1以上の金を借りることはできないというルールの縛りを受けることとなります。
しかし、共働きの家庭に関してはこの限度額に比較的自由度が与えられているというのです。それはどういうことでしょうか。
共働きの家庭の場合、限度額を2つの中から選ぶことができます。1つ目はそれぞれの収入に応じて限度額を決定する方法。そしてもう1つは、2人の収入を合算して限度額を決めるという方法です。後者であればより多くの限度額を獲得できます。

MENU

Copyright© カードローン即日ナビ All Rights Reserved.