カードローンの思わぬ落とし穴

カードローンはとても手軽にお金を借りる事が出来る便利なシステムです。返済に関しても毎月の返済額を自由に設定出来る場合もあり、その月々にとって無理の無い返済をしていく事が出来ます。

そんな便利なカードローンにも落とし穴があります。これはシステム上の落とし穴ではなく、人間の心理に作用した落とし穴であり、これらは全て気を付ける事で確実に回避をする事が出来ます。

まず、金利についてです。金利について勘違いをしている人が多く、そういった人は気が付くといくら返済しても元金が一行に減らないという事態に陥る事が多いです。金利はどんどん上乗せされていきます。利息が付いた元金に更に利息が付いて金額が膨らんでいき、それに応じて毎月の返済額も上がっていく事になります。

このどんどん膨らむという事を理解していないと返済を長期に渡ってしていくことになります。

失敗をしないためにとる行動

カードローンは便利なシステムであり、自由に借りたり返したりする事が出来るので、つい無駄な借金をしてしまう事があります。これがカードローンの落とし穴であり、これを避ける事で失敗せずに済みます。

まず、借りる金額は出来るだけ短期で返済しきれる金額にします。これは期間が延びれば延びる程に返済額が増えていく為であり、実際に早く返せば返す程に損益が僅かで済みます。銀行等の低金利であっても借金には違い無いので、出来るだけ早くに返済する事が大切です。

そして借りた金額を完済するまで新たに借金をしない事が大切です。これがカードローンで最もしてしまいがちな失敗です。完済せずに借りてしまう事により、短期で返済するはずが数年経過しても一度も完済していないという事になります。

そうなってしまえば金利がかなりの金額になっているので、損益が大きくなります。

MENU

Copyright© カードローン即日ナビ All Rights Reserved.