カードローンを選ぶ際に考えたいこと

カードローンにはいくつかの種類があります。カードローンというと消費者金融のものを指していた時代もありますが、現在では信販系、銀行系とさまざまな種類があり、申し込む際に迷ってしまう方も多いかと思われます。
現在ではカードローンの人気を二分しているのは消費者金融と銀行のものといえます。では銀行系のカードローンと消費者金融のカードローン、どちらを選ぶべきでしょうか。
どちらにもメリット・デメリットがありますが、まず銀行カードローンのメリットとして挙げられるのが低金利で限度額が高いという利用条件のスペックの高さといえます。逆に消費者金融のカードローンのメリットというと、審査にかかる時間が早いものが多いこと、はじめての方でも使いやすいような小額からの融資も可能なこと、利用者の相談に答えるコールセンターやサービスが充実していることなどが挙げられます。
しかし最近ではどちらのカードローンでも、最短で即日融資が可能、金利も最低金利を設定しているなど、利用条件にはさほど違いが見られなくなってきました。

使いやすく便利なものを選ぶ

カードローンを選ぶ際にまず気になるのが支払金利・方式ではないでしょうか。支払金利に関しては各社それぞれに異なる利率で設定されていますので、実際の申込みを行う前にはきちんと確認することが必要です。
また支払方式ですが、カードローンの場合ほとんどの会社がリボルビング払いを採用しています。ただしリボルビング払いにもいくつか種類がありますので、申込みを希望しているカードローンがどの支払方式を設定しているのか、公式サイトなどで確認するようにしましょう。
消費者金融にしろ銀行にしろ、利用条件があまり変わらないのであれば、他に検討すべきは他のサービス内容についてでしょう。カードローンの中には一定の期間や金額の借入に関して、無利息期間を設けているものもあります。また最近増えている新しい形態の銀行カードローンでは、利用の度にポイントが加算されていくものや、ATMの利用料が無料なものなど利用者への付帯的サービスに力を入れている会社も多く、このようなサービスを上手に活用するとカードローンの利用が一層便利になります。

MENU

Copyright© カードローン即日ナビ All Rights Reserved.