年収に関する条件をクリアする

昨今勤務形態はますます多様化する一方、これに伴い勤務形態としてパート勤務やバイトという形で勤務している方の数も増加しています。ではバイトやパート勤務の方がカードローンに申し込む場合、正規雇用の社員の方とどのような違いが出るのでしょうか。
カードローンの利用条件の中に年収に関するものがあります。カードローンは無担保で個人に融資を行うローンですので、申込みを行う方の支払能力についての審査が行われます。毎月安定した収入のある方というのが利用条件のよくある文言ですが、カードローンにはそれぞれの年収に関する規定があります。年収200万円以上というものもあれば、もっと少ない金額に設定されているカードローンもありますので、ご自分の年収に見合うものを選ぶようにしましょう。
当然ですが、年収によって融資を受けられる利用限度額が変わってきます。年収が多ければ多いほど、融資を受けられる限度額が増えてくるのが普通です。

適切なカードローンを選ぶこと

総量規制という改正貸金業法の規定についてご存知の方も多いと思われますが、これは年収の3分の一以上の貸付を行うことが出来ないという決まりです。つまり年収が低ければ、それに連れて融資を受けることの出来る金額も少なくなるということになります。
小額の融資で事足りる方は別ですが、年収の3分の一までという規定が気になる方にお勧めなのは銀行カードローンです。銀行のカードローンは消費者金融のカードローンと違い、貸金業法の適用を受けません。このため年収の3分の一以上の借入を行うことも可能です。
ここまで見てきたように、パートやバイトの方であってもご自分自身の収入がある場合には、正社員の方とまったく変わらない手続きを経て審査を受けることになります。ただしカードローンの利用条件として、毎月一定の安定した収入がある方という条件がありますので、働き始めてまだ日が浅い方や月々の収入にばらつきがあり安定していない方については、審査においてやや不利になることがありますので注意しましょう。

MENU

Copyright© カードローン即日ナビ All Rights Reserved.